面倒な引越しを簡単にする方法とは?

梱包する荷物の量を均一にするように

梱包する荷物の量を均一にするように

引越し1
梱包作業するときには、荷物の重さを均一に整えていくようにします。同じ大きさの段ボール箱でも中身が大きく変わっていると重さが合わない状態となります。

荷物を梱包している段ボール箱は、同じような大きさであれば山積みしていくことが可能なので、トラックにおいても積載しやすい状態となります。

しかし、中身が全く変わってきて、非常に重たい段ボール箱などもあった場合、持ち上げるときに箱が壊れてしまう可能性もあります。そのため、重い物を入れる時には特別に小さな箱に入れて破損を防止する方法や、勤続やプラスチックでできた容器を準備します。

特に衣装ケースを利用する事で、重い荷物を効果的に移動する事ができます。梱包作業はかなり時間のかかる作業となるので、引越しを想定している日から逆算して2週間程度は見ておく必要があります。

毎日、仕事から帰宅してちょっとした時間に梱包作業を続けていけば、引越し当日までには移動する目的の段ボール箱を完成させることができるはずです。

この段ボール箱には、引越し時に全て新居に届くようにするために、番号を割り振っておくことも重要です。全ての作業が完了し、新居で番号をチェックした後に全ての引越し作業が完了したことが分かります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional